買ってはいけないの大論点は「薬は本質的に毒である」のようです。
これは、「毒も薬のうち」なんて言葉があるようにまったくその通り。その強力な力をかりて病気を治すのです。一過性に症状をとるだけなんて書いてありますけど、根治療のできる薬もあります。
病気で苦しむ人の症状をやわらげることができるなんてすばらしいことではありませんか。要はバランス感覚です。どれくらいまでよくてどれくらいがダメなのか、薬のことをよく理解して上手につきあうことが必要です。そのために薬のプロ、薬剤師がみなさんのお力になれます。


都合のよい結果をとりあげてまとめると、恐ろしい結果になる。

難しい専門用語を並べるとそれなりに説得力はある。

無関係なことを強引に結び付けないこと。

製品のニーズを考えないで、欠点ばかり考えてはいけない。

一般ピープルとしてのバランス感覚を養成しよう。