病院の薬と街の薬局で買う薬のちがい


同じ薬でも病院でもらう薬と薬局で買う薬とは、ちょっとちがう、そこを解説。


まず、薬とは・・・(広辞苑より)

薬は生活全般にわたり重要な存在です。


正確に薬とは・・・(薬事法より)

薬事法第二条「医薬品の定義」
1
日本薬局方に収められている物
2
人又は動物の疾病の診断、治療または予防に使用されることが目的とされている物であって、器具器械(歯科材料、医療用品及び衛生用品を含む。以下同じ。)でないもの(医療部外品を除く。)
3
人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって、器具器械でないもの(医療部外品及び化粧品を除く。)

日本薬局方というのは、日本の医薬品集とでもいいましょうか。医薬品であるには、純度や製造法、品質、貯法など厳しく規定されています。ガーゼやバレイショデンプンも日本薬局方に収載されています。2や3はちょっとわかりにくいですけど、極端な話、ある食べ物たとえばバナナが便秘に効くということをきちんと証明して、品質がきちんと保持されていて厚生省の薬事委員会で承認されれば、医薬品となるということです。でも、ちょっとやそっとでは、その規定をクリアできないですけど・・・。


病院の薬と街の薬局で買う薬のちがいって?

の2種類があります。
医師が処方する薬は、診断した時の患者の症状や年令、体質、体の機能によって種類や量を決定します。素人目には同じような症状に見えてもその原因や患者のその時の体調によって以前と違う薬が処方されることがあります。また、薬はいろいろな作用を持つため同じ薬でも別の患者さんにはまったく違う目的で使用されることもあります。
大衆薬は、最近セルフメディケーションといわれ自己決定による治療です。よく市販薬には効かない薬しか入っていないとか、たいした薬が入っていないということを耳にしますが、そんなことはありません。症状を抑えるのに一時的に使用されることが多く、不特定多数の人が使用する者ですから安全性に配慮されています。また、大衆薬では成分の種類や量が規定されています。しかし、副作用がないというわけではありません。


スイッチOTCって?


医師の薬を受け取る場所

医薬分業とは?

医薬分業によるメリット

要注意!

院外処方せんには有効期限があります。
交付日から4日以内と法律できめられています。ただし、医師がそれ以上の必要性を認めたならば、いつまでと所定の欄に記入するようになっています。
万一、紛失した場合はもう一度医師に再発行してもらう必要があります。



医薬品と医薬部外品って?

1. 医薬品

2. 医薬部外品


医薬品と食品って?


合成医薬品と民間薬って?