薬剤師のこともっと知ってね!


薬剤師とは

「薬剤師」の名称が法令上明文化されたのは、西欧の医学・薬学制度の導入が図られた明治時代のことです。

薬剤師とは、薬剤師法により薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする

と規定されています。


薬剤師になるには


薬剤師の職種と動向


病院薬剤師とは?

1:調剤業務
医師の発行する処方箋に基づいて患者さんの病態に最も適した医薬品の調製を行っています。また、医師の発行した処方箋のチェック、服薬指導(患者さんへの情報提供)なども行います。

2:薬品管理業務
病院内で使用される全ての医薬品の購入から、在庫、院内各部署への供給を行っています。特に、品質面の管理(温度、湿度、光など)には万全を期しています。

3:製剤業務
各種製剤用の機器を設置し、市販されていない注射剤、錠剤、坐薬、点眼剤、軟膏剤などの調製を行っています。

4:医薬品情報業務
医薬品に関する情報の収集とその評価を行い、医師などの医療従事者へ提供し、より質の高い薬物治療が行えるようにサポートしています。

5:医薬品試験業務
各種試験用機器を設置し、医薬品の品質試験や血中の薬物濃度の測定・解析などを行い、薬物治療の適正化に貢献しています。

6:薬剤管理指導業務
入院患者さんへの服薬指導をはじめとしてベッドサイドで医薬品が適正に使用されるよう努めています。

7:混注業務
注射剤の調製、重症患者に対して高カロリーの注射剤を中心静脈から投与する特殊な注射剤を無菌的に調整します。


学校薬剤師とは


薬剤師の資質向上のための生涯研修や未就業薬剤師の研修


薬剤師関係問い合わせ先

・薬剤師国家試験については

・薬剤師についての全般的なことは、

・病院診療所勤務薬剤師については、