普通のかぜとインフルエンザを混同してはいませんか。


目次

●1● 定義・特徴:インフルエンザの定義・特徴、インフルエンザとかぜの違い
●2● インフルエンザの秘密:インフルエンザはなぜ流行する、インフルエンザの感染力の秘密とは・・
●3● インフルエンザワクチン:インフルエンザワクチンに関する正しい知識をもちましょう。
●4● インフルエンザの予防法:日常生活上にすぐできる簡単な注意点です。


●1● 定義・特徴

■定義: インフルエンザは、「強い全身症状から始まり、主に気道を侵し、強い感染力により短期間に速やかに流行が拡大するインフルエンザウイルスによる急性の伝染性感染症」と定義されます。

■名前の由来:インフルエンザという用語は14世紀のイタリアのフィレンツェで、「寒さの影響」「星の影響」を意味する言葉としてインフルエンツァ(influenza)と呼ばれていたことがその起源の様です。インフルエンザにはA型、B型、C型の3つのタイプがあります。A香港型、Aソ連型などが有名です。その年により流行する型が変わります。またやっかいな事に同じ型でも毎年微妙に形を変化させますので、以前にインフルエンザにかかってできた免疫も役に立ちません。毎年かかる可能性があるのです。インフルエンザには大流行のたびに名前がつけられているので、1918年のスペイン風邪(H1N1)、1957年のアジア風邪(H2N2)、1968年のホンコン風邪(H3N2)、1977年のソ連風邪(H1N1)などが有名です。

■インフルエンザと普通のかぜ(普通感冒)の違い:インフルエンザにかかると39℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が強く、あわせて、のどの痛み、鼻汁などの症状も見られます。更に、気管支炎、肺炎などを併発し、重症化することが多いのもインフルエンザの特徴です。また、インフルエンザは流行が始まると、短期間に小児から高齢者まで膨大な数の人を巻き込むという点でも普通のかぜとは異なります。更に、普通のかぜが流行しても死亡する人はあまり増えませんが、インフルエンザが流行すると、65歳以上の高齢者での死亡率がふだんより高くなるという点でも大きな違いが見られます。かぜ症候群は、くしゃみ・鼻水・鼻閉・咽頭痛・咳・痰などの呼吸器系の症状と発熱・頭痛・全身倦怠・食欲不振などの全身症状、嘔吐・下痢などの消化器症状などがいろいろな組み合わせで見られる疾患と定義されます。これを病型として分類するとインフルエンザ、普通感冒、非細菌性咽頭炎、咽頭結膜熱、急性気管支炎、異型肺炎などとなります。簡単にいうなら、インフルエンザは鼻汁・咽頭痛・咳などの症状のほかに高熱・全身倦怠・頭痛・腰痛などの全身症状が強いもの、普通感冒は、主にくしゃみ・鼻汁・鼻閉などの上気道の症状が顕著で発熱などの全身症状は軽いものとなります。


●2● インフルエンザの秘密

■構造の秘密:A型インフルエンザウイルスの表面にはHA(赤血球凝集素)とNA(ノイラミニダーゼという酵素)の2種類の突起があります。人に感染するインフルエンザウイルスのHAは3種類(H1、H2、H3)、NAは2種類(N1、N2)が知られています.有名なA香港はH3N2、Aソ連はH1N1のウイルスというように表現します。

■新型ウイルス発生の秘密:インフルエンザは鳥や豚などにも感染し、鳥ではHAが15種類、NAが9種類もあります。通常、鳥のウイルスは人間にうつりませんが、豚は人間、鳥両方のウイルスがうつります。その豚が鳥のインフルエンザウイルスに感染し、さらに同じ豚が人のインフルエンザウイルスに感染し、その豚の体内で人間と鳥のウイルスの遺伝子の一部が置き換わる(交雑といいます)と、人にも感染する新型が発生します。これが新型ウイルス発生のメカニズムです。昨年、香港で発生して話題になった新型ウイルスはH5N1で、鳥のウイルスなので、人には感染しないハズだったのですが、 鳥から人に感染した珍しい例です。ただ遺伝子の型は鳥の型のままでしたので、大流行にならずにすみました。

■インフルエンザのルーツ:アヒル・豚・人間が一緒に暮らし、現在インフルエンザのルーツと考えられているのは、中国南部です。国際協力のもとで監視体制が敷かれています。

■流行の秘密:インフルエンザウイルスは1年中いるのに、どうして冬になるとインフルエンザが流行するのでしょう。これにはいくつかの理由が挙げられます。まず、インフルエンザウイルスにとって温度20度前後、湿度20%前後が最も生存に適した環境で、長時間空気中に漂っていられます。冬の気象条件はウイルスにとって非常に都合がよいのです。一方、人側の要因として、寒いところでは、鼻・のど・気管などの血管が収縮して線毛の動きが鈍くなります。線毛はウイルスや細菌の侵入をできるだけ少なくする働きをしますので、線毛の働きが悪くなるとウ イルスが侵入しやすくなります。さらに、冬は窓を閉め切った部屋にいることが多くなりますので、中に患者が一人でもいて、せきやくしゃみでウイルスをまき散らせば容易にうつる訳です。ウイルスが気道粘膜に取り付くと猛スピードで増殖し、16時間後には1万個に、24時間後には100万個に増えて粘膜細胞を破壊し始めます。そのため、インフルエンザの潜伏期は非常に短く、短期間で大流行を引きおこしてしまいます。また、特定のウイルスに感染して回復すると私たちの体にはそのウイルスに対する抗体ができて、二度と感染しないのが普通ですが、インフルエンザに何度もかかるのはウイルス側が生き延びるために遺伝子の配列を少しずつ変え、免疫の網の目をくぐりぬけようとするからです。

実験:閉め切った大きな箱の中を湿度20%、温度20度に設定してインフルエンザウイルスを吹き込み、六時間後に調べると70%近くのウイルスが生きていますが、温度は変えず、湿度を50%以上に上げると3%のウイルスしか生きていませんでした。次に湿度は20%にして温度を32度にすると17%に減っていました。

■大流行の秘密:インフルエンザウイルス(A型、B型、C型の三種類)のうち、A型は姿を変えるのが得意です。小さな変化の場合には、以前かかった時の免疫や予防接種の効果が期待できますが、大きく姿を変えたときにはこれらが期待できません。A型は10〜30年おきに大変身し、その時には、世界規模の大流行をもたらします。研究者の間では「その時期は近い」という見方が有力なのは、A香港型が流行しだしてすでに29年、Aソ連型が20年経過しているためです。 


●3● インフルエンザワクチン

■インフルエンザワクチンについて:インフルエンザワクチンについてはいろいろな考え方があり、日本では1994年から定期の予防接種からはずされたため(欧米では老人や慢性疾患を持つ患者さんなどを中心に広く接種が行われており、日本でも数年以内に危惧されている大流行に備えてワクチンの供給体制は整えられつつありますが)、極端に接種率は低下してしまいました。インフルエンザは、毎年その年の冬に流行すると思われる型を予測し、それに基づいてワクチンを作っておりますが、予測がはずれるとあまり効果があがらないのと、ウイルスが微妙にその形を変えること、さらには、ワクチンの接種で血中に抗体はできるものの、ウイルスが侵入する鼻腔内粘膜や上気道における抗体の量は多くならないなどのため、十分な効果が発揮できないのではと言われております。しかし、ここ数年予測の精度がどんどんあがってきており、型が少しずれても全く効果が出ないわけではありませんし、発症は防げなくても重症化は防ぐことができ、その効果は70%ぐらいと言われています。またワクチンの質もどんどん良くなってきており、他のワクチンと比べて副作用が特に多いというような事はありませんので、他に積極的な治療法がない現状では受けておくことをおすすめする立場を私はとっております。 

■ここ数年の動向:インフルエンザのワクチンはインフルエンザウイルスを発育鶏卵に接種して増殖したウイルスからHA部分のみを取り出したものです。毎年流行の型を6月頃予測して、製造を開始(約6ヶ月かかります)します。この予想があたるかあたらないかがワクチンの効果を左右します。近年その精度が大幅にアップして、ここ数年来、予測は的中しております。平成9年流行したウイルスはA/H3N2タイプのものでしたが、予防接種のワクチンにちゃんとその型のものがふくまれておりましたし、平成10年のワクチンには3タイプのウイルスが含まれており、Aソ連型A/北京・262/95(H1N1)、A香港型A/シドニー/5/97(H3N2)、B/三重1/93で、流行したウイルスのタイプと一致しておりました。

■接種対象者:どのような人がワクチンを受けた方が良いのでしょうか
* 65歳以上の人
* 基礎疾患(心疾患・肺疾患・腎疾患など)を有する人
* 老人ホームに入所している人
* 気管支喘息や喘息性気管支炎の子
* 医療機関や老人ホームのスタッフ
* 受験生とその家族
* 教師

■副作用:人によっては、注射部位の腫れと痛み、発熱が時に見られます。まれに急性散在性脳脊髄炎(過去9例の報告があります)。ちなみにPh.由紀は何も副作用が出現しませんでした。しかも接種した後にプールにまで行ってしまいました。。。。(接種したことを忘れてた。。。)

■ワクチンを受ける際の注意:重症の卵アレルギーの人、ゼラチンアレルギーの人、以前にインフルエンザワクチンによるアレルギー反応その他の問題のあった人、妊娠中の人は受けられませんので、ご注意下さい。 

■ワクチン接種の時期:1〜4週の間隔(できれば4週あけるのが望ましい)で2回接種します。免疫ができるまでに少々時間がかかりますので、本格的に流行する前(遅くても12月末まで)に受けておきたいものです。

■ワクチンの接種料:一定の決まりや取り決めはありません。自由診療になりますので、各医療機関により異なります。一般的な価格は、1回分が3000円〜5000円くらいの様です。


●4● インフルエンザの予防法

睡眠不足や、体力が落ちているときなどにインフルエンザにかかりやすいものです。
体力の維持とうがい・手洗いが一番いいみたい。

「インフルエンザの予防法」