あなたは、「メタボリックシンドローム」大丈夫?

目次

(1) メタボリックシンドロームって何?
(2) メタボリックシンドロームの診断基準
(3) 正しいへそまわりの測定から
(4) あなたは大丈夫?

(1) メタボリックシンドロームって何?

 生活習慣病とよばれている主な疾患に「肥満症」「高血圧」「糖尿病」「高脂血症」などがあります。これらの疾患は個々の原因で発症するというよりも、肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満が犯人であると考えられています。内臓脂肪蓄積により、さまざまな病気が引き起こされた状態を『メタボリックシンドローム』とよび、注目されています。

(2) メタボリックシンドロームの診断基準

 日本内科学会など8学会の委員で構成されたメタボリックシンドローム診断基準検討委員会(委員長/松澤佑次先生)は、2005年4月に開催された第102回日本内科学会総会で日本独自の「メタボリックシンドロームの定義と診断基準」を発表しました。
 メタボリックシンドロームの診断基準では、
内臓脂肪の蓄積が必須条件と位置づけられ、他の3つの項目のうち2つ以上を満たしている場合に「メタボリックシンドローム」と診断します。
 具体的には、内臓脂肪の蓄積はウエスト径で判定し、
男性85cm以上、女性90cm以上を基準値としています。この数字は、腹部CT画像で精密に内臓脂肪を測定した場合、断面積100cm2に相当します。その他の項目の基準値は、表のとおりです。




(3) 正しいへそまわりの測定から

 ウエスト径の正しい測り方はへそまわりを測ることです。腰の一番細いところではないので、気をつけて下さい。

(4) あなたは大丈夫?

 あなたの数値を入れてみましょう。

第1段階: ウエスト周囲径(へそまわり) cm
  (ウエスト径が男性で85cm以上、女性で90cm以上だったら、第2段階へ!)

第2段階:以下の3項目をチェック
 
A) 血液中の脂質異常をチェック!  
  トリグリセリド mg/dL
  HDLコレステロール mg/dL
     
B) 血圧をチェック!  
  収縮期(最大)血圧 mmHg
  拡張期(最小)血圧 mmHg
     
C) 血糖をチェック!  
  空腹時血糖 mg/dL
 

*脂質、血圧、血糖のうち2項目以上基準値より高かったたら、メタボリックシンドロームかも!!

▲このページのTOPへ