「酒は百薬の長」といわれ、食生活・社会生活に飲酒の習慣は切り離せない重要な存在である。適度の飲酒はアルコール(エタノール)の作用により唾液や胃酸の分泌を亢進させて食欲をまし、中枢神経に作用して気分を高揚させるのでストレス発散に役立つ。


アルコールによる生体内の変化
アルコールと薬の相互作用
アルコールの代謝
薬を飲んで悪酔い疑似体験
晩酌がしたい
意外なところにもアルコールあり


アルコールによる生体内の変化


アルコールと薬の相互作用

戻る


アルコールの代謝

戻る


薬を飲んで悪酔い疑似体験

戻る


晩酌がしたい

戻る


意外なところにもアルコールあり

アルコールは飲むととても幸せな気分になれます。アルコールと薬は、上手にお付き合いしましょう。

戻る