〜解熱鎮痛剤・抗炎症剤 編〜
次は、解熱鎮痛剤・抗炎症剤を選んで下さい↓
アスピリン
 →「バファリン」などに配合されている。頭痛・発熱・月経痛・歯痛・腰痛に効果的な解熱鎮痛剤。

アセトアミノフェン
 
→「セデス」などに配合されている。頭痛・発熱・月経痛・歯痛・腰痛に効果的な解熱鎮痛剤。

フェナチセン
 
→「セデス」などに配合されている。頭痛・発熱・月経痛・歯痛・腰痛に効果的な解熱鎮痛剤。

インドメタシン
 
→リウマチ性の疾患や腰痛、関節痛、筋肉痛などに効果的。内服・外用のシップ、クリーム、ローション、坐薬などたくさんの種類がある。

ジクロフェナクナトリウム
 
→インドメタシン同様、リウマチ性の疾患や腰痛、関節痛、筋肉痛などに効果的。

ピロキシカム
 
→「バキソ」「フェルデン」などに配合されている。リウマチ性の疾患や腰痛、関節痛、筋肉痛などに効果的。手術後や外傷後、抜歯後の痛み止めとしても使用されている。

フェノプロフェンカルシウム
 
→リウマチ性の疾患や腰痛、関節痛、筋肉痛などに効果的。アスピリンなどよりも副作用は少ない。そのため長期使用によく使用される。

イブプロフェン
 
→「エスタックイブ」「ストナー」「パブロン」などに配合されている。イブプロフェンの作用はアスピリンよりも強いとされ、その上副作用が少ないとあって市販薬に多く配合されている。

マレイン酸クロルフェニラミン
 
→「コンタック」「新ルルA」「ベンザブロック」などに配合されている。くしゃみや鼻詰まり、湿疹、ジンマシン、皮膚炎、アレルギー性鼻炎などに効果的。市販薬に広く使用されている。

ジフルニサル
 →炎症を抑えるという作用のほかに、痛みや熱をとる特徴がある。即効性をねらったものではなく、持続的な効果をねらったもの。