〜血液に作用する薬 編〜
次は、血液に作用する薬を選んで下さい↓

フマル酸第一鉄
 →貧血に使用する薬。鉄分を補い、骨髄に移行して赤血球の成分であるヘモグロビンの合成に使用される。

クエン酸第一鉄ナトリウム
 →貧血に使用される。胃を切除した人や胃酸の少ない人でも十分効果が得られる。

硫酸鉄
 →貧血に使用される。ゆっくり鉄が溶けるように工夫した徐放性の錠剤。

溶性ピロリン酸第二鉄
 
→貧血に使用される。この薬は、飲みやすくシロップにしてあるのが特徴。

ワーファリンカリウム
 →血液が固まり、血管内でつまる血栓症(心筋梗塞・脳梗塞・肺梗塞)などの予防に使用される。

イコサペント酸エチル
 →いわゆるイワシの油。血小板がからみあうことを予防して血栓症の予防をします。

プロスタサイクリン
 →血小板がからみあうことを予防して血栓症の予防をします。「プロサイリン」などに配合されている。